『お』 大人心 オトナ--ゴコロ

わたしはオトナである。。
少なくとも、成人式は遥かな昔に済ませている。

わたしをコドモだと思うのは父と母だけだろう。


     わたしはオトナである。
           physicalなわたしに限定して言えばオトナである


ututuでわたしに出会ったあなたもきっとそれは認めてくれるだろう。

さて

physicalなわたしはオトナであるとして
spiritualなわたしはオトナなのかというとこれにはかなり疑問が残る。

この年になって自分がコドモだと口に出すのはある意味気持ちが悪いことなので自分から言う事は無い。

少年のような情熱
少女のような感性

時折褒め言葉として使われるこれらの言葉
いわれた人はけっして悪い気はしないだろう。

ただし、言っているほうが本当に褒めているとは限らない。
大人心の中にほんのわずかなエッセンスとしてこれらが入っている場合に限り
言われた貴方にとってそれは褒め言葉となる。

わたしの中でオトナゴコロはきちんと育っているのかと考える。

社会的には独立し、生活を営んでいる
地域社会とも人並みの付き合いをしている
友人も、自慢できるほどではないが持っている
年寄り受けはいいほうである

果たしてこれらがオトナゴコロがあると言う証明になるかどうか解らないが、少なくともわたしは日常的には年相応の対人関係や社会生活が営めている(・・・と思う)

ただし、それにはかなりの努力を必要としている。

なるべく最初には意見を言わない
頼まれた事は進んでやるがそれ以外の事はなるべく手を出さない
・・・・情けない限りである。
それがオトナのすることかと自分に突っ込みを入れたくなる。
オトナのまねをしているコドモじゃないか。


自分が子供の頃に今のわたしに逢ったらきっとものすごく大人だと感じただろう。

ごめんね
君が思っているほどわたしは大人じゃない


physicalなわたしはオトナだけれど
spiritualなわたしはオトナになりきれていない

けれどspiritualなわたしはもう、コドモでもない

だから不安定な存在なのだろう。


        physicalなオトナの中に在る
               spiritualなわたしのunstable




physicalな貴方はオトナですか?
spiritualな貴方はオトナですか?
                                           

↓哲学してるつもりはまったく無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-05-09 16:57 | yume

<< 『か』 仮想現実 バーチャル-...    『え』 縁 えにし >>