『ら』 楽天観 ラクテンカン  optimism

今この世にあるもの すべてを認める
善きものもすべて
悪しきものもすべて
この世にある限り わたしは受け入れる


わたしがが生まれる前にも世界があり
わたしが死んだあとにも世界は続く

その永き営みの中にあっても 

わたしが生まれたときに 世界は始まり
わたしが死ぬときに 世界は終わる

それは貴方の世界でも同じこと

貴方が生まれたときに 世界は始まり
貴方が死ぬときに 世界は終わる

今 ほんのひとときの間
貴方とわたしの世界が ココに重なり存在する


この大切な世界が 最良のものであってほしい
そうわたしが思うとき わたしの世界は 最良のものになる
この世界は誰のものでもない
わたしが生まれたときに始まった わたしの世界だから
わたしはここを 最良と成す



わたしにとっての悪が ココには確かに存在する

価値のないもの
受け入れがたいもの
わたしにとって害をなすもの
わたしを傷つけるもの

それらをすべて受け入れて なお
この現実を わたしは認める

善きものだけではない この人生を
それでもわたしは 最良とする
わたしが最良と認めることで それは確かな現実となる

そしてココに同時に存在している 貴方の世界さえ
最良のものであれと ココロから願う

貴方とわたしの世界が ココで重なった奇跡
その奇跡が 最良であるように
その世界が終わるときが 最良であったと思えるように



↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-06-14 03:22

<< 『り』 柳緑花紅 りゅうりょく...    『よ』 用意どん   ヨーイ ドン! >>