『れ』 錬金術 レンキンジュツ

「無」から何かを作り出す事は できないけれど
目の前にあるものを組み合わせ 練成し
『金』をいつか創りだす

自分の力と能力を信じたヒトが yumeに見たワザ
錬金術

ヒトは
「アルケー」-万物の根源-を探し求め
「テロス」-終わり・完成-に至ることを望んだ
その意思は『金』に向けられるだけでなく
『人間の肉体』
『不老不死』 までも求めた

ヒトの求めたそのワザを恐れるココロ
恐れるココロが創りだした
ホムンクルスという異生物

それが真実であろうとなかろうと

ヒトの領域を超え
神をも恐れぬ悪魔の技と
決して到達することの無い価値なき技と
錬金術を貶めたのは後の人々


錬金術を志した人々のココロに在ったものは
黒い魔術ではなく
確かな技術と
熱き情熱

ヒトはyumeを その手にする事はなかったけれど
確かなututuを 手に入れた

優れた技術と 様々な功績
aqua regia
様々なポーション
Chemistry
そのワザの恩恵を受けた人々の幸福

それらのすべてが 『金』にも優る
ヒトの求めた『錬金術』



貴方もきっと 知らぬ間に
錬金術の功績を その手にしている

それに気付かないたくさんのヒト

恐れるだけでは何一つ
手に入れられるものは 無い

yumeを追い求めるヒトだけが
手に入れることのできる 確かなututu



↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-06-17 03:30 | yume

<< 『ろ』 隴を得て蜀を望む  ロ...    『る』  瑠璃も玻璃も   ル... >>