Face   おもて


進むべき道を見つめるものは ヒトミ 眸
あげるものは コウベ 頭
進めるものは アユミ 歩み
向けるものは オモテ 面

Face

常にわたしの表面にあり わたしを表す
物事に向かうとき 必ずその正面を向き 正視する

Face to face
貴方と相対して
Face up
顔を上げる

貴方を見つめるわたしの顔に
貴方は何を 見てとるのだろう

わたしのココロのヴィジョンを映し出す screen
わたしの意思を表すための billbord

時にそこには 真実そのものが 映し出され
時にそこには 嘘が貼り付けられる


平静を装い
人を欺くために 化粧を施し
貴方にさえ 真実の顔を見せないことも

その下にある 深い哀しみや
熱くほとばしる想いを 見抜かれてしまうことも

それでも顔を取り外せるわけもなく
常にわたしの正面で
貴方を見つめ
貴方に見つめられている


体をいくら正面に向けても
まっすぐに顔を向けなければ 前には決して進めない

だからわたしは決意の元に
顔をそむけることをせず
困難を正視して
コトに臆せず 立ち向かう


face

常にわたしの正面にあり
常にわたしのココロを表し

わたしの真実を伝え

わたしの向かうべき方向に向き
わたしを困難に立ち向かわせる

貴方に 語りかけ
貴方のために 涙を流し
貴方のコトバに 怒りを表し
貴方のココロを受け止めて
貴方のために 微笑みをかえす




↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-07-06 23:53 | ututu

<< fantasy   ...    element ... >>