Honey      甘いモノ

honey bee ミツバチが集めた甘い蜜

天使が此処に降りたときに口に出来るのは
ミルクと蜂蜜
命を奪う事の出来ない天使への地上からのおすそ分け
甘く優しい
神様からも愛された食物

honey

それはとても甘く 美味なもの
それはとても 上等なもの
そしてとても 心地よいもの

honey
このコトバを貴方が口にすると
わたしは途端に 甘い空間につつまれる

黄褐色の甘い空気が漂う中
そこにあるのはシアワセのとき

honey bunch 愛する貴方と
honey moon  幸福な時間

ミツバチの羽音さえ そこでは優しい調べとなる

れんげの蜜は れんげの花の香り
みかんの蜜は さわやかな香り
アカシアの蜜は 穏やかに

それぞれの花からミツバチが集めた蜜が
それぞれに花の香りを残し
それは違った甘さをもって 
わたしにたくさんのシアワセをくれる

貴方がわたしに語りかける honey
誰かが貴女に語りかける honey
慈しみあうふたりの間で
幾度も 幾度も繰り返される honey

その ひとつひとつのコトバの甘さ
その ひとつひとつのコトバの香り

それぞれが違って
それぞれが ただひとつの
特別なコトバ

honey

その濃厚な黄褐色の液体が
銀の匙にすくわれて
わたしの喉を 
ゆっくりと とろりと伝うように

貴方のコトバも
ゆっくりと とろりと
わたしをシアワセへと誘う


あまい
香り高い
幸福のとき



↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-07-10 23:55

<< Hug ...    gear       歯車 >>