intolerance     不寛容


受け入れられない
許せない

今のわたしのココロは果てしなく狭い

不安や
苦しみや
悲しみや
妬み 僻み 嫉み
不信感で塞がり
許しの入る余地がない
咎をそのままに受け止められない

わたしは誰ヒトリ許せない
貴方の罪さえ 受け入れられない
わたし自身のココロの偏狭ささえ 許せない

異端はわたしのほうなのだろう

わたし自身が受け容れられないことの哀しみ
わたし自身の狭量さ
ちいさい 狭い わたしのココロ
自身の罪さえ 許せない
ヒトからも存在すら許してもらえない

まして
ほかの咎まで許せない

寛容を ココロの中に持つためには
ココロに広い場所が要る
受け入れられるだけの 器が要る

そこに罪をいったん受け入れ
静かに落着くときを待つ
やがて消え去るときを待つ

わたしのココロに寛容を取り戻すために
わたしのココロを塞いでいるモノを
ひとつ ヒトツ 取り除く

それは果てしのない作業
それはとても苦しい作業

それでもそれが 許しに繋がり
自身を許す事にもなる

intolerance    

不安や
苦しみや
悲しみや
妬み 僻み 嫉み 不信感

わたしのココロを 塞ぐモノ

それはわたしの罪ではなく
わたしにそれを与えたヒトの罪

それをヒトのせいだけにして
溜め込んでいるのは わたしの咎

わたしはまず わたしを許し
わたしの咎を 受け入れる


この不幸なわたしから 
intolerance から
抜け出すために


↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-07-14 01:05

<< I         わたし    Hug ... >>