kitchen     調理場

kitchenは 魔法の小部屋

fire
water
oil
seasoning
sugger
spice

life たくさんの命

それらがこの小部屋の中で
わたしの手による魔法を掛けられ
さまざまな物に 変化して

貴方の 命の糧となる
貴方の 幸せの糧となる

炎と水
pan とoven
kettle とpot

そこに加わる たくさんの命


野菜
たくさんの肉
たくさんの魚
ミルク
果物
エトセトラ… えとせとら…

わたしはそれに感謝して 
わたしと命をつなぐため
丁寧に それらに魔法を掛ける

呪文の順序を間違えないように
なべに加える手順を違えないように

秘薬を加え
塩加減を整え

炭にしないよう 炎の番をする
ストーブの前の暑さに耐える

そして食卓に乗せられた命は
わたしが掛けた魔法によって

わたしや貴方のカラダを満たし
命を受け取るシアワセを感じる

わたしや貴方のココロを満たし
おいしいというシアワセを与える

食後のひと時のために わたしは再び魔法を掛ける

熱い熱い湯を沸かし
炒った豆を丁寧に引き
その粉にゆっくりと湯をしとらせる
薫り高い液体が滴り落ちれば
わたしの魔法は成功となる

砂糖と 粉と 卵と バターで作った焼き菓子と共に
熱い飲み物を口に含めば
貴方はわたしの魔術に嵌まり
時にはそれが 媚薬ともなる

Kitchen
わたしの魔術がこっそりと行われる小部屋
わたしの秘密がしまわれた部屋




↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-07-22 02:11

<< liberal    自由なヒト    kaleidoscope   ... >>