liberal    自由なヒト

ココロが何かにとらわれていると
わたしの中にスクリーンが掛かる

今までそのままに 見えていたもの
今までそのままに 聞こえていたもの
今までそのままに 感じていたもの

全てに紗が掛かったようにはっきりせずに
おぼろに聞こえたり
ほかの色がついたり
「偏見」というコトバがわたしの中に居座ってしまったように
全てにバイアスが掛かっている

そんなときにわたしのココロは
自分の持つコトバ意味の意味さえ取り違えてしまう
こんな事を言いたいわけではないのに
貴方に伝えたいことは こんなコトバではなかったはずなのに

このコトバに乗せるはずのココロは
もっと違ったはずなのに

コトバの意味は一つではない
ひとつのコトバに含まれる
たくさんの さまざまな情報

その中から貴方の伝えてくれる意味を
わたしは間違うことなく
受け取れたはずなのに

ココロを覆うフィルターは
大切なコトバほどより分けて
わたしの思考を混乱させる

この混乱を収めるために
わたしは わたしを束縛する何かから
わたしのココロを 解き放つ

それは簡単に出来るコト
それはとても難しいコト

わたし自身の力で 成し遂げなければいけないコト
貴方の力を借りなければ 不可能なコト

難しくても 容易くても
それが出来なければココロは縛られたまま

その場所に
その時間に
その苦しみに

それはとても不幸なこと

それを知っているからこそ

わたしは自由と開放を求める

physicalにあっても
spiritualにあっても
liberal でありたい


解き放たれたわたしのココロは
自由に貴方のもとへと行く事も
わたしのココロの隅まで潜ってゆく事も
妨げるものは何もなく

コトバの意味をまっすぐに
貴方に届ける事が出来
貴方から受け取る事も可能になる
妨げるものは ヒトツもなく


↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-07-24 03:44 | ututu

<< laugh     笑う    kitchen     調理場 >>