odd eye      金目銀目

片方はgold-eye
もう片方はblue-eye

不思議な眸を持つこの仔は
わたしとは違う世界を見ているのだろうか



普通と違うものを持つヒトを
奇妙だというヒトがいる

Odd-ness   奇妙・風変わり
Oddity    変人・奇人
Odd-man-out  はみ出しモノ

コトバからさえ仲間はずれ

貴方と少し違うだけ
貴方とほとんど同じはず

わたしと貴方は違うヒト
わたしと貴方は少し違う

考え方が少し違う
シアワセの在り処が少し違う
ココロの中身が少し違う
カナシミの量が少し違う

色々違ってはいるけれど それは仕方のないこと
同じでないからこそ
わたしは『ワタシ』 貴方は『アナタ』

すべてが同じ『ヒト』ならば
わたしは貴方を見つけられない

それでもわたしと貴方は同じ『ヒト』
違っている事を慈しみ
欠けているものを 補いあい
シアワセを増やすことも出来るはず


Odd-eyeの眸が見ている景色は
わたしと本当に違うのだろうか

もしも本当に違っていても
花はきっと美しく
緑はとても鮮やかに
ミルクは白く甘やかに
微笑みは優しく映るだろう

Odd-eyeで見つめる仔が
そっとひざの上に載る

その背中をなでたときの柔らかな毛並みも
安心しきって閉じた眸も 
伝わってくる温もりも
他の仔と変わりはしない 
かけがえもない

わたしはそのひと時を慈しむ



わたしはあなたを慈しむ

わたしと違うモノを持つあなたを
わたしとおなじモノを持つあなたを



↓哲学してるつもりはあまり無いのですが、”コトバを捕らえるために”クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2006-08-03 03:04 | ututu

<< partner      相棒    Objection      ... >>