うらない


おみくじを引くのは すき
できたらいい「卦」が出ますように
想いがかなう チカラになりますように
願いながら 箱をふる
いい結果は そっとしまい
悪い結果は 枝に結んでおいてくる
戒めだけを ココロに残して

星占いも ときどき信じる
自分の星座が 気に入っている
この世に何万人もいる「てんびん座のあなた」が
おなじ運勢のわけは無いと知っている
それでも 運がいいといわれたら
その日一日 元気が出るような気がする
悪いときには みなかったコトにする

血液型占いは
あたっているような気がする
奇人変人のB型と言われても 気にならないし それが嬉しい

信じているようで
信じていない

信じていないようで
信じている

そんな気楽な占いがすき

それでも手相は一度も見てもらっていない
人相学も
そのほかも

「占い師」に見てもらったコトはない
そこまで占いには頼らない

もしもこの手の中に 運命があるのなら
わたしは自分で きちんと掴む

もしもこの手の中に 貴方との結果があったとしても
結果が書かれたこの手で 貴方を掴んで離さない

運命がどうあろうと
決めるのはわたし
そう 信じているから

わたしの顔に何があるのか 自分できちんと見つめたい

親が願いを込めてつけてくれた名前に
悪いものがあるはずが無い
あったとしても 
親がくれた愛情と想いには 適うはずがないと信じている

だから ヒトには占ってはもらわない

信じないわけではない
信じているわけでもない

でも 占ってはもらわない



信じているようで
信じていない

信じていないようで
信じている

そんな気楽な占いがすき



にほんブログ村 哲学ブログへ


b0092885_13593894.gif
[PR]

by fusyou-kumahachi | 2007-02-05 02:36

<< 葉牡丹    祈り >>