あの日の 夕焼けのソラ

今年の梅雨は しとしとと雨が降り続くような
優しい顔をあまり見せずに

まるで集中豪雨のように
どさっと雨を降らせたあとに
からりとした晴天になるような気がする

その日も 午前中はニュースで注意が促されるほどの
酷い雨が降っていた

でも 夕方には嘘のように雨が上がり 
わたしの暮らす街の空では
朝の 決して晴れることがないような  重く垂れ込めた雨雲は姿を消し
綺麗な青空が 夕焼けに染まった

その夜
わたしはあちらこちらで その夕焼けの写真を見つけた



「あなたもこの夕焼けを 見ていたのね」



そんな会話が交わされているのを読みながら
わたしのココロも その中にいた

わたしもカメラの中に その夕焼けを収めていたから
わたしも ココロの中に その夕焼けを 写し撮っていたから


その方々が 心の中に悲しみを抱えていることは知っていた
その方々が抱えているように わたしもココロに哀しみを抱えていた


そのカナシミから あふれる涙を その豪雨のように感じていたこと
そのカナシミが 夕焼けに癒されたように感じたこと
その夕焼けが わたしたちにとって どれだけしあわせだったことか


そんな想いが 共有できるしあわせがあるから
わたしはここにいるのかもしれない



b0092885_23244414.jpg



ワタシモ コノユウヤケヲ ミテイマシタ
アナタハ コノユウヤケヲ ミテイテクレタデショウカ

[PR]

by fusyou-kumahachi | 2008-06-23 23:28

<< …その日まで    タチアオイの花がてっぺんまで咲... >>